hype's tumblr.
「神父様、13日の金曜日に結婚すると不幸になるというのは本当ですか?」
「勿論です。どうしてその日だけが例外であり得ましょう。」
笑えるコピペ10 (via petapeta) (via dukkha) (via andi-b) (via yellowblog) (via netodee) (via t-isawa) (via marswaker) (via naotake) (via himmelkei) (via gunsgun) (via ashzashwash) (via n2unit)

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 09:37:03.61 ID:DA4ww8770
幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。学もなく、技術もなかった
母は、個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。それでも当時住んでいた
土地は、まだ人情が残っていたので、何とか母子二人で質素に暮らしていけた。

娯楽をする余裕なんてなく、日曜日は母の手作りの弁当を持って、近所の河原とかに
遊びに行っていた。給料をもらった次の日曜日には、クリームパンとコーラを買ってくれた。

ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。俺は生まれて初めての
プロ野球観戦に興奮し、母はいつもより少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。

野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に止められた。母がもらったのは
招待券ではなく優待券だった。チケット売り場で一人1000円ずつ払ってチケットを買わ
なければいけないと言われ、帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは、外の
ベンチで弁当を食べて帰った。電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら、
母は「母ちゃん、バカでごめんね」と言って涙を少しこぼした。

俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学がとことん嫌になって、一生懸命に勉強した。
新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。結婚もして、母に孫を見せて
やることもできた。

そんな母が去年の暮れに亡くなった。死ぬ前に一度だけ目を覚まし、思い出したように
「野球、ごめんね」と言った。俺は「楽しかったよ」と言おうとしたが、最後まで声にならなかった。

galapagoss:

素晴らしい!!

有名な質問である「アタシと仕事どっちが大切なの?」に対し、「お前は無職の俺でも愛してくれるというのか」と答えた人がいると聞き、上手いこと言うなあと思いました。
子供にはカネは掛けない、防衛費にもカネを使わないという国が、財政上は火の車というのは、冷静に考えれば解せぬ話である。

5 :名も無き被検体774号+ :2014/01/17(金) 21:18:25.30 ID:P8A7DINUP
よかった国ベスト3を教えて
できればその理由も


11 :名も無き被検体774号+ :2014/01/17(金) 21:28:37.03 ID:WeOSRUA50
»5
ポーランド
物価が安くヨーロッパの街並みを堪能でき人々は優しいし英語も通じるよ

トルコ
超親日国
飯はうまい人は優しい歴史的な見所や自然遺産リゾートなんでもある

キューバ
個人的に大好き
時間が止まったような国
一日が48時間くらいある

lawebloca:

poor kitty has no idea what is going on

lawebloca:

poor kitty has no idea what is going on