hype's tumblr.
起業してすぐはとにかく走り尽くすこと。起業後1年半は起業家から「創業オーラ」が出る。周りは驚くほどこのオーラにやられる。採用も広報も資金調達も、何をやっても期待値以上の成果が上がる時期が最初に訪れる。この間にその後の成長路線を作り切れるかどうかで起業の成否は分かれる。
自尊感情が著しく傷つけられてしまった場合、人には大きく分けて2通りの反応がある。一つは内にこもってしまう場合。心を病むということ。実際、精神疾患で休職している教員数は、この30年間で8倍になっている。もう一つは外に向かう場合。他者に対する攻撃性が高まるのだ。それがオバタリアン教師であると解釈できる。精神疾患で休職することとオバタリアン教師化することはまるで同じコインの裏表の関係である。
素早く返事するときは、内容は多少手をぬいてもOK。でも返事が遅くなればなるほど、内容は濃くしていかなければならない。
スピードと内容は反比例させるべき。
【身の危険を感じた企業ワースト5】(週刊SPA!調べ)

●1位 丸紅

「一気飲みを断ったらすごい勢いでキレられた」(24歳・旅行業)、「持ち帰りを前提とした合コンだった」(29歳・教師)

●2位 伊藤忠商事

「薄暗いお店を選び、ボディタッチがひどい」(25歳・アパレル)、「酔い潰すために男が結託していて怖かった」(31歳・金融)

●3位 医者

「狙ったコを泥酔させて無理やりセクハラしていた」(23歳・SE)、「トイレについてきていきなりキスされた」(22歳・派遣)

●4位 ゴールドマン・サックス

「日本人なのに延々と英語で怒鳴りつけてきて、怖かった」(33歳・IT)、「王様ゲームを始めた」(24歳・客室乗務員)

●5位 NTT東日本

「オラオラ系が多くて会話が下ネタのみだった」(33歳・小売)、「集団で一気飲みを煽られて酒癖も悪い」(30歳・金融)
最近、緊急地震速報を装った迷惑メールが届いたという情報が寄せられております。このような迷惑メールは、気象庁とは全く関係ありません。
 心当たりのないアドレスから届いた緊急地震速報を装ったメールや、知らないアカウントで投稿された緊急地震速報を装ったSNSの投稿などについて、記載されているリンク先にアクセスしないようにご注意ください。
また、生活保護基準が下がれば最低賃金も下がります。
現在、厚労省は数多くの理由のもと、最低賃金を減額することを可能にしています。すると「懸命に働いているのに生活保護以下」という方がますます増えるわけです。当然、
「その怨念が生活保護利用者に向けられれば、効率的に生活保護基準を下げられるし……」
というような目論見のもとに行われていることなんでしょうね、わかります(皮肉)。
…さっきRTで「毎回割増払ってる自分はむしろ印刷屋にとって上客」って内容のツイ見たから、製造業者の一員として言わせていただく。
それは、札束で他人の頬を叩いて「金やるから寝ずに働けよ」って言っているのと同じこと。他人のプライドに金を投げ付けて踏みにじってるんだよ。ほんと自覚して。

house-of-gnar:

Russian Spetsnaz soldiers. photos sourced from public domain

46187:

gdXICdk.jpg
うつで幻覚幻聴キまりまくって生活逼迫した人が「霊現象も大差ないから」って事故物件に住み始めたところ、家賃が浮き生活に余裕が出てメキメキ治り始めたみたいな案件を聞いて